都合がいい女とセフレ関係になるためにするべきこと

都合がいい女っていますよね。

見返りを求めずに自分の言いなりになってくれる女です。

客観的に見ればとても健気に見えますが、男性からしたら、格好の餌食ですよね。

でも都合がいい女とセフレ関係になるためにはするべきことがいくつかあります。

都合がいい女とセフレ関係になるためにするべきことを紹介します。

ちなみに僕はセフレを作るときにピュアアイというサイトも使っています。

結構いいサイトですよ。» ピュアアイでセフレを作る方法を解説

自分は恋愛関係を求めていないということをしっかり伝えておく

都合がいい女は、言いなりになってくれますが、もしかしたら恋人になれるかもしれないという淡い期待を抱いているかもしれません。

だから、都合がいい女とセフレ関係になる前には、自分の意志をはっきりと伝えておくことが大切です。

しっかり意思表示をしておかないと、いざ体の関係を持ったあと、セックスしたのだから、恋人同士だよね。

という勘違いをしてしまう恐れもあります。

自分は恋人になるつもりはないこと、セフレ関係を望んでいることを伝え、一線引いておくことが必要です。

それでも都合がいい女って不思議なことに離れていかないんですよね。

根っからのM気質なのか、冷たく突き放されたらその分執着したくなるのでしょうか。

だから都合がいい女、ということなのでしょうね。

飴とムチの飴もいっぱい用意しておく

恋人にはなれない宣言は飴とムチのムチだとしたら、飴も必要ですよね。

都合のいい女の原動力になるような優しい言葉や気遣い、褒め言葉などを小出しにすることで都合のいい女の気持ちが離れていくのを防ぎます。

上手に飴とムチがつかえれば、都合がいい女とセフレ関係になるのはそんなに難しいことではありません。

面倒になって、しばらく放置していても気が向いたときにセックスの相手になってくれるような人がいたら男性にとっては最高ですよね。

都合がいい女はそんな存在になりえるので、うまく手のひらで操ることが必要です。

干渉しないルールを作っておく

セフレ関係とはいえ、付き合っていくうえでのルールを決めておくことは大切です。

都合のいい女は、奉仕の精神も強いので、色々なことをやってあげようと思うでしょう。

でも、干渉してほしくない部分もありますよね。

この先、良好なセフレ関係を築いていけるように、最初のうちにお互いに干渉しないというルールを作っておくことをおすすめします。

都合がいい女は最高のセフレになれるかも

セフレを作っても性格的に合わなかったということって結構あるんですよね。

都合がいい女は、常に下手なので、自分優位でセフレ関係を進めることができます。

ただでさえ自由なセフレ関係の自由度が上がるでしょう。

都合がいい女はセフレにするのに最適の相手なのかもしれません。

愛知のみよし市にある三好池で20歳ギャルセフレと青姦したのが1番興奮した

今までセフレがいたことが何回かありますが、今回のセフレ(仮名でアユってことにしときます)が最高にエロくっていいやつです。

今も微妙に関係は続いていますが、どうやら彼氏ができたみたいで最近は前ほど会ってないです。

でも、たぶんですがアユはまた俺のとこに戻ってくると思います。

浮気性というか、あっちこっち行きたがるけど最終的に帰ってこれる場がないと情緒不安定になりがちな子なんでね(笑)

俺がそう思いたいってだけなのかもしれませんけど…。

アユとの出会いは出会い掲示板アプリ

もともとセフレ探しをしてたってわけじゃないんですよ。

たぶん、俺だけじゃないと思うんだけど、最初は恋人とかメル友とかっていう程度の気持ちで始めたんだけどっていう人多いと思います。

なんていうか、最近の女の子ってエロに貪欲な子多くないですか?

好きだから付き合うってだけじゃなくって、体の相性も恋愛する上で大切なこと…みたいなこと言ってた子結構います。

一応、俺も平成生まれな身だけど、ジェネレーションギャップみたいなの感じちゃいました。

男が純粋になっちゃったのかな(笑)

だからエッチは付き合ってからっていうよりも、付き合う前にしておかないとっていう感じらしいです。

ちなみにアユともそんな感じでした。

完全にこれは俺はアユの恋愛対象外なんだろうなって態度だったんですよ。

でもなぜかエッチはすることに…。

ギャル セフレ

そしたら意外と相性がいいもんだからセフレになっちゃったみたいな感じです。

デートとかも普通にする仲

見るからにバカップルです!

ってな感じのデートはしたことないけど、普通に2人っきりでどっか飯食いに行ったり、映画見に行ったり、買い物付き合ったりなんかはしてました。

こっちからしてみれば、タダでヤラせてもらってるからそれくらい付き合わなきゃみたいなとこはありました。

もちろんそれは直接言葉にして言うことはしません。

そんなこと言ったら離れちゃってくに決まってますから。

俺が特別なのかどうか…よくわからないけど、他にもセフレは数人いるような気配はあるけれど、彼氏のような付き合いをしてくれているのはどうやら俺だけらしいです。

だから「いずれは俺だけが…」そんな希望にすがってしまっているのかもしれません。

プレイは次第に過激になっていくばかり

マンネリしないためっていうのもあったんですが、俺なりにシチュエーションを変えたり、毎回ホテルばっかとか家ばっかとかにならないように気を配ったりしました。

コスプレもしたし、ソフトSMもしたし…

カーセックスや非常口とかでもヤったことあります。

ただ1番興奮したのはやっぱり、愛知のみよし市にある三好池での青姦です。

2人ともちょっと酒も入ってたっていうのもあるんですが、変態モードに入ってたと思います。

ちょうど桜の季節ってこともあり、夜中でも人が結構いたりするんです。

俺らが行ったのは真夜中でしたけど、それでも人の気配はありましたからね(笑)

見つかっちゃうかも!っていう興奮はすごかったです。

さすがのアユもそういった経験はなかったようで、立ちバックでしてると脚をガクガクさせて立っていられないくらい敏感に感じまくっていました。

濡れやすい体質ではあったと思いますが、このときばかりは愛液は滴りまくってました(笑)

吹いちゃってたのかもしれないですね、突くたびにビチャビチャってハンパじゃないくらい濡れちゃってましたから。

俺がアユの腰をガッて支えてないとそのまま2人とも崩れ去ってしまいそうなほど小鹿ちゃん状態になってたアユに初めて生中出しした日でもありました。

既成事実!

と思ったんですが、残念ながら身ごもることはありませんでした(汗)